- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト松戸

ホンダ・ステップワゴン モデューロ X(2019年)

鎌ヶ谷市からお越しのお客様
  • 20210828stepwgn001.jpg
  • 20210828stepwgn002.jpg
  • 20210828stepwgn012.jpg
  • 20210828stepwgn004.jpg
  • 20210828stepwgn005.jpg
  • 20210828stepwgn006.jpg
  • 20210828stepwgn007.jpg
  • 20210828stepwgn008.jpg
  • 20210828stepwgn009.jpg
  • 20210828stepwgn010.jpg
  • 20210828stepwgn011.jpg
  • 20210828stepwgn012.jpg
  • 20210828stepwgn013.jpg
  • 20210828stepwgn014.jpg

※スマホは左右にスクロール、PCは矢印や画像下部の小さな丸をクリックしていただくことで他の画像を閲覧することができます。

「ホンダ・ステップワゴン モデューロ X(2019年)」の施工事例です。

今回は以下の施工を行わせていただきました。
◆リボルトプロ・エクストリーム
◆ホィールコーティング
◆窓ガラス撥水加工

ステップワゴンは、中型ミニバンのカテゴリに属しますが、ヴォクシー、セレナ、ノアに続く人気車種です。今回のオーナー様のお車は、テップワゴンの中でもModuloXと呼ばれるもので、このModuloXは、ホンダの熟練エンジニアがベースとなる車両に、さらなるこだわりと、時間と、情熱をかけて磨き上げたコンプリートカーのブランドです。

2019年のモデルということで、比較的新しいお車なのですが、雨染みや小さなキズは多くありました。またオーナー様はお車の左側に木で擦ったとのことでキズがあり、そのキズを除去してほしい旨の依頼をいただきました。
リボルト、リボルト・プロ、リボルト・プロ エクストリームの施工においては、ガラスコーティングをする前に、Revolt Adjust Systemと呼ばれる下地処理を行いますが、塗装における最上位のクリア層(厚さ20ミクロン程度)のキズは研磨をすることで除去することができます。ただしクリア層は有限ですので、可能であるならば1ミクロンでも研磨を減らして行うようにしています。
◇ボンネット(施工前にマスキングしBefore/Afterを分かりやすくしました)

20210828stepwgn_bonet.jpg

◇エンブレム(リアの「STEPWGN」マークの比較です
20210828stepwgn_emb_b.jpg

20210828stepwgn_emb_a.jpg

)◇エンブレム(リアの「H」マークの比較です)

20210828stepwgn_emb2_b.jpg

20210828stepwgn_emb2_a.jpg

◇ルーフ

20210828stepwgn_roof_b.jpg

20210828stepwgn_roof_a.jpg

今回ご用命くださったのは、リボルトグループで5/1にリリースしたばかりでコーティングメニュー最上位の「リボルトプロ・エクストリーム」です。
「リボルトプロ・エクストリーム」は、リボルトプロの性能はそのままに耐スリ傷、撥水性能、汚れ軽減、被膜定着などが強化されています。
ガラスコーティングは艶、輝きをさらに一段増す効果があります。加えて保護力、防汚力のアップにより、この状態をより長く維持することを狙いとしています。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

オーナー様からは、
「他のリボルトさんで施工した車を見たことがあってそのときも驚いたんですけど、今回リボルト松戸さんで施工してもらってそのとき以上に驚きました。
2年乗っている間に木が当たったキズが前から後ろまであったり自分でつけた洗車傷等結構キズが多かったのに全てのキズを消してもらいました。
新車以上の輝きで大満足です。」

というお声をいただきました。私たちスタッフはお客様の驚きのリアクションが、最も大きな励みになります。
このたびは、ご用命をいただきありがとうございました。

お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ


施工時期:
2021年8月
施工内容:
リボルトプロ・エクストリーム車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工