- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト松戸

マツダ・CX-8(2021年・新車)

松戸市からお越しのお客様
  • 20211118cx-8_001.jpg
  • 20211118cx-8_002.jpg
  • 20211118cx-8_003.jpg
  • 20211118cx-8_004.jpg
  • 20211118cx-8_005.jpg
  • 20211118cx-8_006.jpg
  • 20211118cx-8_007.jpg
  • 20211118cx-8_008.jpg
  • 20211118cx-8_009.jpg
  • 20211118cx-8_010.jpg
  • 20211118cx-8_011.jpg
  • 20211118cx-8_012.jpg
  • 20211118cx-8_013.jpg
  • 20211118cx-8_014.jpg
  • 20211118cx-8_015.jpg

※スマホは左右にスクロール、PCは矢印や画像下部の小さな丸をクリックしていただくことで他の画像を閲覧することができます。

「マツダ・CX-8(2021年・新車)」の施工事例です。

今回は以下の施工を行わせていただきました。
◆リボルトプロ・エクストリーム
◆ホィールコーティング
◆窓ガラス撥水加工
◆部分コーティング(カウルトップ+ワイパー)
◆シートコーティング(ステアリング)

マツダの魂動デザインのモデルの中で、最も大きいモデルが3列シートを備えたこのCX-8(注:北米市場にはさらにひと回り大きなCX-9が販売されています)です。エンジンは内燃機関エンジンでありながら環境にやさしいクリーンディーゼル、また多人数乗用車でありながら箱系のデザインでなく流線形の美しいプロポーションが光ります。
また今回のオーナー様のお車は、マツダが誇る独自塗装技術・匠塗によるソウルレッドクリスタルメタリックです。
写真を通しても分かると思いますが深みのある塗装で光の方向で色が変わります。

20211118cx-8_018.jpg

コロナ禍のため、半導体不足や人員不足の影響で新車の納車が遅れていることは周知の事実ですが、オーナー様もその影響を受け当初の納車日が2か月もずれたとのことでした。
今回ご用命くださったのは、リボルトグループでこの5月にリリースしたコーティングメニュー最上位の「リボルトプロ・エクストリーム」です。
「リボルトプロ・エクストリーム」は、リボルトプロの性能はそのままに「耐スリ傷」「撥水性能」「汚れ軽減」「被膜定着」などが強化されています。

20211118cx-8_016.jpg

オーナー様は納車後すぐにディーラーからリボルト松戸にお車をお持ちいただきましたが、メーカーから流通過程で発生するものと思われますが、新車でもくすみやキズがある場合があります。
ご参考:「よくある新車の汚れとキズについて」
光の角度などで顕在化しますので通常は見逃しても不思議ではありません。

【ボンネット】

20211118cx-8_scrach2_b.jpg

20211118cx-8_scrach2_a.jpg

【ドアの一部】

20211118cx-8_scrach_b.jpg

20211118cx-8_scrach_a.jpg

また、シートコーティングはステアリングに行うことも可能です。専用のクリーナーで下地処理をし、防汚性、擦れにつよいコーティングを施工します。

20211118cx-8_stearing.jpg

このたびは、リボルトプロ・エクストリームのご用命をいただきましてありがとうございました。
オーナー様からは、
「今回の新車購入にあたり、コーティング業者を検索して何社か直接伺って話を聞きましたが、「リボルト松戸」さんの実際のコーティング車の仕上がりを見学し、・・・コーティングについても「リボルトプロ・エクストリーム」、「部分コーディング」、「窓ガラス撥水加工」、「ホイールコーディング」、「内装ガラスコーティング/センターコンソール」をお願いしましたが、新車がそれ以上の輝きになって非常に満足しております。
コーティング後の洗車についても丁寧に説明していただきました。
今後もメンテナンスでお世話になりたいと思います。ありがとうございました。」

というお声をいただきました。私たちスタッフはお客様の驚きのリアクションが、最も大きな励みになります。

お見積もり、お問い合わせ、ご質問はこちらからどうぞ


施工時期:
2021年11月
施工内容:
リボルトプロ・エクストリーム車 ガラスコーティング部分コーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工シートコーティング